便秘や下痢、お腹の健康の為に気を付けたい事

思ったような便通がなく、便秘にお悩みの方も多いはず。また下痢を繰り返している方つらいですよね。

そんな時に気をつけたい事をまとめてみました。

便秘になる原因

トイレをついつい我慢してしまって、便の水分が再び吸収されてしまい硬くなりこれが続くと慢性の便秘になります。

(女性に多いかもしれません。)

また便秘の人が「便秘薬」を使用するとさらに便秘体質になってしまうそうです。

朝にコップ1杯の牛乳や水、果物、生野菜などの飲み物は摂取しないほうがいいでしょう。

積極的に便通のよくなる食べ物を選び身体を冷やさないようにしましょう。

また、野菜をどうしても食べてくれない子供などには、青汁を利用してみるのも1つの方法です。

子供も飲める青汁.com

下痢になる原因

下痢を防ぐには、日ごろの「体調管理」が大切です。

暴飲暴食は下痢を引き起こす原因になります。

普段から下痢をしやすい人は、水分の取りすぎやお酒の飲みすぎに注意しましょう。

また、食べすぎや早食いは消化不良をおこすので食事はゆっくりとよく噛んで食べるように心がけましょう。

果物などは腸内に水分をためるので下痢を引き起こすことがあります。

辛い物やコーヒー、冷たい食べ物や飲み物も消化器へ刺激を与えるので下痢を引き起こしやすくなります。

暑くても、温かい飲み物を飲むように心がけましょう。

さらにお腹を温める衣類にも気を配ってみてください。

冷え性になる原因

半身浴などをしても中々治らない冷え性。とても辛いですよね。

そんな冷え性の人に大切なのは、外側からではなく内側から身体を温める事です。

運動不足などで日ごろから筋肉を使っていないと、熱を生み出す力が弱くなり身体が冷えます。

筋肉を使って血液を循環させることが冷え性の改善へとつながります。

0-27
(ウォーキングがお勧めです。)

この辛い冷え性の原因は、「自律神経」の乱れ。

不規則な生活や過度のストレスで自律神経が乱れると温度に関しての情報に対応できない身体になってしまいます。
※自律神経の乱れについてはこちらが詳しいです。

その結果、身体はどんどん冷たくなり血液の循環が悪くなり筋肉がこわばり身体の隅々まで血液が行きわたらなくなるのです。

(ストレッチがお勧めです。)

最後に

yoghurt

全てに対して共通して言える事は、ヨーグルトを食べる事です。

同じメーカーのヨーグルトを食べるよりも、その都度違うメーカーのヨーグルトを食べると身体に良いそうです。

風邪の予防にもなり、一石二鳥ですね。

お腹の様々な症状にお悩みの方にはお勧めです。